ギアの選び方

【おすすめ16選】黒ギアで統一感あるキャンプサイトを作ろう!

キャンプサイトの数だけキャンプスタイルがあり、工夫して楽しんでいますよね。

かっこいいサイトを作りたいと思っている方にまずおすすめしたいのが、『カラーに統一感を持たせる』です。

タンカラーやカーキ、ブラックなど色を揃えるだけで統一感が出てかっこよくなります。

その中でも今回は黒!ブラックギアを特集します。

価格帯はお手頃なものから高級ギアまであるので、さっそくおすすめを見てみましょう!

クリックできる目次

黒キャンプとは

黒キャンプギアを展開する主なメーカー

  • キャプテンスタッグ
  • muraco
  • DOD
  • DEVISE WORKS

黒キャンプギアを展開するメーカーは年々増えています。黒ギアはごちゃごちゃせず、サイトをすっきり見せてくれますよね。各メーカーの黒ギアの特徴を順に紹介します。

キャプテンスタッグ

出典:キャプテンスタッグ公式

安いけどダサい、なんか緑のイメージ、というキャプテンスタッグは昔の話。

今や、デザインやカラーリングも豊富に展開しています。

黒ギアを『CSブラックラベル』としてシリーズ化しており、テントだけでなくチェアなどのファブリック類も充実しています。

価格帯も他メーカーと比べるとお手頃です。

muraco

出典:muraco公式

muracoは元々ブラックやグレーのテントが多いシックなメーカーです。

テントがメインですが、小物類もセンスが光っています。

高価なブランドではありますが、品質とデザインが良いので買っても後悔はなさそうです。

自分へのご褒美にもいいですね。

DOD

出典:DOD

DODはカマボコテントなどタンカラーのイメージが強いですが、実は黒ギアも充実しています。

真っ黒のテントに白いウサギのロゴが良く映えます。

テントだけでなくテーブルやチェアも黒ギアが数多く存在します。

焚火の上で使えるテキーラテーブルは、ソロキャンプでもファミリーキャンプでも活躍します。

DEVISE WORKS

出典:Deviseworks公式サイト

デバイスワークスはあまり聞きなれていない方も多いかと思いますが、近年注目されているガレージブランドの一つです。

黒地に独特で緻密な模様がプリントされており、ずっと眺めていても飽きないデザインです。

デザイン・品質ともにこだわりぬいているので高価ではありますが、好きな人にはたまらないブランドです。

出典:Deviseworks公式サイト

おすすめ黒キャンプギア:大型テント

muraco『ZIZ TENT SHELTER』

ファミリーキャンプなど大人数でのキャンプを黒ギアで染めるならmuracoのZIZ TENT SHELTER。

muracoは高級感あるデザインが多く、キャンプ場でひと際オーラを放つ存在です。

詳しいサイズ感や実際に使っている方のブログレビューが知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

ZIZ TENT SHELTER BLACKの口コミ・ブログ紹介
ムラコ(muraco)『ZIZ TENT SHELTER BLACK/GREY』のブログと口コミレビューこの記事ではムラコ(muraco)『ZIZ TENT SHELTER BLACK/GREY』の情報を分かりやすくまとめています。 ...

口コミ

Twitterの口コミをみてみると前後左右がポールで跳ね上げ可能なので、レイアウトの自由度が高くお洒落なキャンパーも満足する仕上がりの様です。

おすすめ黒キャンプギア:軽量テント

muraco『BLACK BEAK 4P/2P』

4Pは最大4人、2Pは最大2人で使えるテントです。

交錯するポールが美しく、唯一無二のブラックテントです。

4Pは3.4㎏、2Pは2.2㎏ととても軽いのが特徴的です。ツーリング用としても人気のテントです。

詳しいサイズ感や実際に使っている方のブログレビューが知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

muracoBLACK BEAK 4pの口コミ
ムラコ(muraco)『BLACK BEAK 4P』のブログと口コミレビューこの記事ではムラコ(muraco)『BLACK BEAK 4P』の情報を分かりやすくまとめています。 スタイリッシュさと高い性能を...
muracoBLACK BEAK 2Pのブログ紹介
ムラコ(muraco)『BLACK BEAK 2P』のブログ・口コミレビュー紹介この記事ではムラコ(muraco)『BLACK BEAK 2P』の情報を分かりやすくまとめています。 スタイリッシュさと高い性能を...

おすすめ黒キャンプギア:ワンポールテント

DOD『ワンポールテントS/M/L』

DODのワンポールテントはS/M/Lと3サイズあります。最大使用人数は3人/5人/8人です。

ゆったり過ごす事を考えるとSはソロ、Mは2,3人、Lは4人くらいがいいと思います。

ワンポールテントはどれもそうですが、ふちの方は荷物置きにするしか無いような高さなので有効面積は狭くなりがちです。

それでも設営のしやすさやデザイン性を考えると人気があるのも納得です。

詳しいサイズ感や実際に使っている方のブログレビューが知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

DODワンポールテントSの口コミ・ブログ紹介
DOD『ワンポールテントS』のブログと口コミ評判レビューこの記事ではDOD『ワンポールテントS』の情報を分かりやすくまとめています。 ワンポールテントSは簡単にお洒落なサイトが作れちゃう...
DODワンポールテントMの口コミ・ブログ紹介
DOD『ワンポールテントM』のブログと口コミ評判レビューこの記事ではDOD『ワンポールテントM』の情報を分かりやすくまとめています。 ワンポールテントMは簡単にお洒落なサイトが作れちゃう...
DODワンポールテントLの口コミ・ブログ紹介
DOD『ワンポールテントL』のブログと口コミ評判レビューこの記事ではDOD『ワンポールテントL』の情報を分かりやすくまとめています。 ワンポールテントLは簡単にお洒落なサイトが作れちゃう...

口コミ

付属品のペグにYペグという軽くて比較的耐久性が高いペグを採用しているなど、細部に親切心が見られるのはDODならではだと思います。

DODワンポールテント 5人用 ブラックの良かった点は2つ 悪かった点は1つあります。
まず良かった1つめは 軽量で撥水性に長けている事です。アウターとポールだけの重量だと2kg弱 といった感じで、持ち運びやすいです。

2つめは付属品 収納袋などのアイテムが良かったことです。 ペグはアルミペグ12本
ガイロープ ガイド なども付属しており、ポールのための収納袋もあります。また、収納袋は仕舞いやすく、バックルなどで小さくしやすい構造です。

悪かった点は 思いのほか小さかった事です。
同社 3人用ワンポールテントを持っているのですが、そちらの満足度が高く、今回購入した5人用ワンポールの満足度は相対的に低かったです。4人ギリギリで入れる感じで、3人で手狭。コット2つでギリギリという大きさです。

出典:Amazon

おすすめ黒キャンプギア:ランタン

キャプテンスタッグ『オイルランタン黒』

黒ギアキャンプはオイルランタンの相性が抜群。LEDランタンのみというのももちろん良いのですが、オイルランタンは一つあるだけでお酒が進む最高のロマンギアです。

キャプテンスタッグであれば黒のオイルランタンが2千円台で購入できます。鹿のロゴが浮かび上がってかっこいいです。

他にも色々なメーカーから出ており、フュアーハンドは金属部分が全て黒に塗装されています。

DIETZ『ハリケーンランタン黒』

デイツ DIETZ 78 ハリケーンランタン ランタン (黒GT)
DIETZ 78

デイツハリケーンランタンの灯

私はデイツのハリケーンランタンを所有しています。

一部の金属が金になっているのが最高にかっこいいと思い購入。

移動時にはオイルを抜かなければならないなど、手がかかる部分もありますが一生大切にしたいギアです。

おすすめ黒キャンプギア:チェア

キャプテンスタッグ『CSブラックラベル ウルトラハイバックチェア』

リクライニング機能付きのハイバックチェアです。

3段階の切り替えを手元で調節できます。

ハイバックといえど、170cm以上ある方は頭までは背もたれがないので、座ったままお昼寝したい方には不向きかもしれません。

詳しいサイズ感や実際に使っている方のブログレビューが知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

キャプテンスタッグウルトラハイバック
キャプテンスタッグ『CSブラックラベル ウルトラハイバックチェア』のブログと口コミこの記事ではキャプテンスタッグ『CSブラックラベル ウルトラハイバックチェア』の情報を分かりやすくまとめています。 キャプテンスタ...

口コミ

収納しても大きく重いというのはよく口コミで書かれていますが、座り心地に関しては満足している方が多いようです。

庭キャンプ用に購入しました。
色々椅子を試したけど、最終的にはハイバックに落ち着きました。なにせ楽。
ゆったり座れて頭もホールドされるので、リラックスできる。
デメリットは「大きい」「重い」だけど、家においても車も積んでも知れてる大きさなので問題なしでした。
オールブラックは素敵。失礼ですが、キャプテンスタッグらしからぬ高級感があります。
大きな問題ではないけど、袋に入れるのは大きので少々面倒かな。

出典:Amazon

おすすめ黒キャンプギア:クーラーボックス

キャプテンスタッグ『CSブラックラベル スチールフォームクーラー51L/25L』

キャプテンスタッグの黒ギアシリーズ『CSブラックラベル』のクーラーボックスです。サイズは51Lと25Lの2種類。

マットな塗装が落ち着いた雰囲気をだしていて、黒ギア愛好者に人気です。

シンプルなデザインながら十分な保冷力があります。

口コミ

保冷力は使用方法によっても異なりますが、1~2日くらいという口コミが多かったです。

連泊する方はコンビニやキャンプ場の売店で氷を購入しましょう。

ソロキャンプ1泊、デュオキャンプ2泊で使用しました。保冷力は1日程度です。ソロの1泊ではやや大きく、連泊の場合丁度かなと思います。塗装が黒のマットなのでColemanのスチールクーラーと比べると落ち着いた印象です。ステッカーで自分好みにアレンジして楽しんでいます。ちなみにキャプテンスタッグの純正ステッカー?は容易に剥がれます。お好みでそのまま貼っても、剥がしてもよし、という感じです。

出典:Amazon

おすすめ黒キャンプギア:収納ケース

TRUSCO(トラスコ) トランクカーゴ  黒

無印良品の頑丈収納ボックスはOEMで元はトラスコが製造しています。

要は色が違うだけで全く同じ品質。

だったら、黒で揃えたい!という方におすすめです。

中が見えないのですっきりしますし、荷物の量に応じてサイズが選べるのもいいですよね。

口コミ

そのままシンプルに使うのもいいですが、ステッカーを貼ってカスタムを楽しむのもいいですね。

ガレージでキャンプ用品を収納する為に購入しました。
全部で4つ持ってます。
スノーピークやパタゴニアのステッカーを貼ってるのですが、
剥がれることなく三年くらい経っており、ずっと良いコンディションを保ってくれてます。
4つのケースで「食器や調理器具などの食事用」、「燃料や火バサミなど焚き火関連用」など、用途ごとに分けており、「必要なやつだけルーフに載せて、そのままgo!」なスタイルです。
色々と楽チンな荷造り施策を考えてきたのですが、こちらが今のところ、最もベターなようです。

現地についたら椅子にも物置にもテーブルにもなる万能ケース。
汚れも目立ちにくいのでものすごく重宝してます。
我が家では最も重要なキャンプ用品の一つです。

出典:Amazon

おすすめ黒キャンプギア:パーコレータ・ポット

ペトロマックス『ニューパーコマックス』

パーコレータというコーヒーの粉と水を入れて火にかけると、簡単にコーヒーが作れる道具です。とはいえ、ドリップした方がおいしいと感じる方の方が多く好みが分かれます。

パーコレータのパーツを使わなければ、普通のポットとして使えるので、おすすめです。

ペトロマックスはお皿やマグなどホーロー食器も黒が出ているので合わせるとより統一感がでます。

ちなみにマグカップは千円台なので、キャンパーへの誕生日プレゼントにもおすすめです。

口コミ

パーコレータで淹れたコーヒーですからえぐみがあるのは当然でしょう。それを愛せるかどうかです。
何よりカッコいいので、キャンプの時、コーヒーを入れる以外の用途でも使ってます。
※追記
水は少なくとも半分ぐらい入れないとパーコレーターとしての役目を果たしません。

出典:Amazon

おすすめ黒キャンプギア:ドリッパースタンド

デバイスワークス『DEVISE ドリッパースタンド』

デバイスワークス『DEVISEドリッパースタンド』

出典:DEISE WORKS公式オンラインストア

デバイスワークスらしい紋章グラフィックが彫刻されたドリッパースタンドです。

お値段なんと16000円。(2021/09/17時点)

ガレージブランドに関してはコスパを求めるものではありません。

ただ、キャンプでコーヒーを淹れる時間が至福の時になるのは間違いないですね。

おすすめ黒キャンプギア:シェラカップ

村の鍛冶屋『ステンレス ブラックシェラカップ』

去年頃から人気が高まっているブラックシェラカップ。

目盛り付きで裏面には金でロゴの刻印があります。

今回は村の鍛冶屋を紹介しましたが、他にも多数でているので好きなメーカー、キャンプ場のものを選びましょう。

口コミ

塗装が剥がれないように気を付けながら使っている方が多いようです。

例えば、豆腐とかコントラストが際立つ食材が映えます。直火はいまいち勇気が出ずしてません。クレンザーで洗うのはご法度でしょうから、調理用と言うよりも、取り分け用途で使う事になりそうです。
でも、他のシエラカップと並べてぶら下げると目立つし、カッコ良いです。特に裏が^ ^

出典:Amazon

おすすめ黒キャンプギア:ポータブル電源

キャリライク『ポータブル電源540Wh』

さいごに冬キャンプには欠かせない方も多いのでは?という黒ギアをご紹介。

SNSを中心にじわじわと人気が高まっているキャリライクのポータブル電源です。

必要な機能は一通り揃っており、2年保証でサポート体制も整っているというコストパフォーマンスに優れた一台です。

筆者も愛用しています!

実際に使ってみた感想

キャリライク『ポータブル電源540wh』の実機レビュー我が家のはフォレストグリーンというカラーですが、もちろんブラックもあります。

手元を照らす照明や使用可能時間が分かりやすいディスプレイ、AC電源は同時に2台使えるなどなど、欲しい機能は大体カバーされています。

定価は税込59,800円(2022年3月時点)ですが、タイミングによっては半額で購入する事が出来るかもしれません。

そのタイミングについて知りたい方はこちらの記事で詳しく解説しています。

キャリライク『ポータブル電源540wh』の実機レビュー
【実機レビュー】キャリライク『ポータブル電源540wh』を選んだ6つの理由とデメリットこの記事ではキャリライク『ポータブル電源540wh』の情報を分かりやすくまとめています。 ポータブル電源はキャンプなどのアウトドア...

おすすめ黒キャンプギアまとめ

黒キャンプギアどれもかっこよかったですね!

いきなり全て黒ギアに変えようと思うとお金がかかるので、少しずつ集めてみるのもいいと思います。

じっくり選んで集めていく、その時間こそがギア選びの楽しみですからね。

これからもあなたのギア選びにキャンプギアセレクトがお供します。

ソロキャンプの焚き火。オイルランタンの柔らかな灯り
【2022】冬キャンプで使えるソロテントのおすすめ7選!少しずつ肌寒くなってくると、焚火の暖かさが恋しくなりますね。 冬に使えるソロテントは価格が高いと思われている方も多いかと思いますが...
キャンプ用品お得に借りるhinataレンタルのセットが安い・楽・便利!『テントをいきなり購入するのは不安…。』 『自分のスタイルに合わなかったらどうしよう』 と、キャンプ用品の購入を迷われている...
ABOUT ME
キャンプギアセレクト
超絶アクティブな3歳娘と夫婦でファミリーキャンプをしてます。高い=高品質、安い=低品質とは限らないキャンプギア。ブログ、SNS、動画、口コミ紹介を交えながら、ご自身に合った逸品を見つけ出すお手伝いが出来れば幸いです。レビュー依頼やご質問はお気軽にお問い合わせフォームまでどうぞ。