ポータブル電源

【実機レビュー】キャリライク『ポータブル電源540wh』を選んだ6つの理由とデメリット

キャリライク『ポータブル電源540wh』の実機レビュー

この記事ではキャリライク『ポータブル電源540wh』の情報を分かりやすくまとめています。

ポータブル電源はキャンプなどのアウトドアや、災害時に緊急電源としても使う事ができる注目のアイテム。

でも高価でなかなか手が届かない方も多いのでは?

実は私もそうでした。

冬場のキャンプや連泊キャンプでポータブル電源の必要性は感じつつも、購入に踏み切れずにいました。

ですが、今回楽天スーパーセールでキャリライクのポータブル電源540whを購入させて頂きました!

購入した理由実際に使ってみて感じる事最安値で購入する方法など詳しくレビューしていきたいと思います!

もちろんいつもと同じように、他のユーザーの口コミ・評判・ブログ・YouTube・Twitter・Instagramの情報も併せてチェックしていきます!

キャリライクってそもそもなに?

キャリライク『ポータブル電源540wh』のロゴ

ポータブル電源の中央、目立つ部分にカタカナロゴで『キャリライク』。

カ、カタカナ!?とインパクト大のポータブル電源ですが、そもそもキャリライクとはどのようなブランドなのでしょうか?

キャリライクは2020年に日本で誕生したアウトドアブランドで、元々は車のライトメーカー「エフシーエル」によって運営されています。

ハイエースやジムニーなどアウトドアにも人気の車種の照明部品を楽天などでも販売。

照明部品で培ったノウハウを活かしてポータブル電源540wh、ポータブル電源 miniを販売しています。

キャリライクのポータブル電源は、一般社団法人防災安全協会の防災製品等推奨品認証を取得しており、災害時に有効に活用できて安全と認められる防災用品と認められています。

新進気鋭のブランドですが、Jackeryなどが取得している認証も取得するなど、安心して使える製品であるといえます。

キャリライク『ポータブル電源540wh』の基本情報

ポータブル電源540Whのスペック

キャリライク
『ポータブル電源540Wh』
重量約5.5㎏
サイズ(mm)260x 170×173
タイプリチウムイオン電池
容量540Wh
定格出力500W(2口合計)
瞬間最大出力1000W(2口合計)
AC出力100V±10%
DC出力DC24V/3.75A
保存環境温度-10℃~65℃
使用環境温度0℃~40℃
出力波形純正弦波
ソーラーパネル充電対応
付属品MC4ケーブル
シガーソケット
ACアダプター
ACケーブル
説明書

楽天より

使用環境温度が0℃~40℃となっているので、雪中キャンプなど0℃以下の環境では使えない恐れがあるというのは、ちょっと残念ですね。

ストーブなど暖房器具を使っていれば0℃以下になる事はそうそうないです(というか私が耐えられそうに無い)ので、大丈夫であろうと我が家では判断しました。

ポータブル電源540Whのデザイン・カラー

キャリライク『ポータブル電源540wh』の実機レビュー

我が家が購入したのはフォレストグリーンというカラーです。

というのも、キャリライクのポータブル電源540Whは5つのカラー展開があります。

キャリライク『ポータブル電源540wh』の実機レビュー出典:楽天

豊富な5色
  • サンドベージュ
  • フォレストグリーン
  • サーフブルー
  • サンイエロー
  • チャコールブラック

私が購入した時はサンドベージュは売り切れていました。

テントとのカラーの相性もいいので人気なんでしょうね。

でも他のカラーも素敵なので、どの色にするか悩みに悩んでグリーンにしました。

サイドの通気口はこんな感じ、シンプルでお洒落です。

キャリライク『ポータブル電源540wh』の実機レビュー

真上から見ると四隅にシルバーの金具があり、個人的には好きなデザインです。

キャリライク『ポータブル電源540wh』の実機レビューただ後で触れさせていただきますが、この持ち手がちょっとチープ。

キャリライク『ポータブル電源540wh』の実機レビュー正面のディスプレイは現在使っているワット数やバッテリー残量などが視覚的にわかりやすいです。

保護シールがついていたので、傷防止のためにも当面はこのまま使おうと思います。

青いタグが飛び出ているので気になる方は剝がしましょう。

ポータブル電源540Whのセット内容

まず梱包はこの様な厚手の緩衝材に囲まれて、しっかりとした梱包で届きました。

楽天スーパーセール中でしたが、注文からわずか2日後に届きました。

届いた日の夜に興奮しながらスマホで撮ったのでブレててごめんなさい。

本体の他には説明書(もちろん日本語!)

キャリライク『ポータブル電源540wh』の実機レビューACアダプターとACケーブル。

家庭用の一般的なコンセントから充電する場合はこれをつかいます。

キャリライク『ポータブル電源540wh』の実機レビューシガーライターソケット。

車内で充電したい時に活躍してくれます。キャリライク『ポータブル電源540wh』の実機レビュー
MC4ケーブル。

ソーラーパネルと接続して充電する時に使います。
キャリライク『ポータブル電源540wh』の実機レビュー以上が全ての付属品です。

収納ケースは別売りで税込2,800円なので、必要な方は併せて購入しましょう。

キャリライク ポータブル電源用 収納バッグ 2way ブラック キャンプ ギア ボックス

ポータブル電源540Whのサイズ・重量

キャリライクのポータブル電源540Whのサイズは幅26cmx奥行17cmx高さ17.3cmです。

重さは約5.5㎏。

感覚的にもっと重いのかなと思っていたので、意外と軽いと感じました。

大型テントやTC素材のテントは10㎏以上のものも多いので、それを思えば全然軽いです!

ポータブル電源540Whの価格

キャリライクのポータブル電源は定価は税込59,800円です。(2022年3月時点)

で・す・が、みなさんもご存知の通り、ポータブル電源の定価は割引やクーポン発行を前提としています。

キャリライクも同様で、数万円単位の値引きがあります。

キャリライクポータブル電源の最安値は?安いのはいつ?

私が購入した時は楽天でなんと半額でした。

キャリライク『ポータブル電源540wh』の最安値は?安いのはいつ?

540Whの容量で日本のメーカーで3万円を切ってくるのはまさに破格です。

じつはこれ、楽天スーパーセールの時。

なので楽天スーパーセールで日用品・家族の衣服・キャンプ道具などなどたくさん買い回りをして、ポイント倍率を高めて購入するとポイントがザクザク。

29,900円とただでさえ安いのに、ポイント還元もザクザクとなると激熱ですよね!

ちなみに2022年3月のお買い物マラソンでは2万円引きクーポンがでており、半額とまではいかないもののお得に購入できます。

今後も同様の値引きがあるかはわかりませんが、どんなクーポンが出ているかは確認してから購入するのをおすすめします!

ポータブル電源540Whを選ぶべき6つの特徴

AC電源が2つ

キャリライク『ポータブル電源540wh』の実機レビュー出典:楽天

AC電源(一般的なコンセント)が2つ同時にさせます。

電気毛布で温まりながらカメラのバッテリーを充電したい時、どちらかが終わるのを待てませんよね。

Jackeryのポータブル電源440だと意外にもAC電源は1つ。

AC電源が2つあるのは当たり前ではなく、キャリライクの強みとも言えます。

また全て前面に集約されているので、コードが左右に飛び出る事がなくすっきり使えます。

色んな電化製品が使える

使用できる電化製品とその利用時間、回数の一例です。

製品消費電力利用時間/回数
スマホ6W約92回
パソコン65W約7時間
ヘアアイロン380W約1.2時間
24インチ
液晶テレビ
36W約13時間
電気毛布75W約6時間
車載冷蔵庫45W約10時間

公式HPより

災害時に役立つLED照明付き

ポータブル電源を購入するきっかけの一つでもある災害時への備えに役立つ嬉しい機能がついています。

それは明るい3段階のLED照明!

これが弱。充分手元は明るいです。

キャリライク『ポータブル電源540wh』の実機レビュー照明続いて中。さらに明るく、急な停電でも取扱説明書など文字が読めるくらいです。

キャリライク『ポータブル電源540wh』の実機レビューもはやあまり違いがわかりにくい強。停電してもこれ一つあれば、家族の表情も認識できるくらいの明るさです。

別でLEDランタンは常備しておくに越したことはありませんが、もし近くに無かったとしても過ごせます。

キャリライク『ポータブル電源540wh』の実機レビューちなみにディスプレイに表示されている通り、強モードでも照明だけであれば1時間に2Wの消費電力で99時間使えるようです。(フル充電時)

2桁表示までなので実際にはそれ以上もつと思います。

ソーラーパネル充電対応

キャリライクのポータブル電源はソーラーパネル充電に対応しています。

MC4ケーブルが付属しているため、出力電圧が12-24VのMC4端子の他社のソーラーパネルからも充電可能とのこと。

連泊キャンプをする予定の方は、ぜひソーラーパネルも用意しておきましょう。

安価なポータブル電源だと、ソーラーパネル充電に対応していないものもあるので気を付けましょう。

PSE検査合格・防災安全協会も推薦

正直、キャリライクってあんまり聞いたことないし、安全性とか大丈夫なの?っておもったんです。

でも、キャリライクのポータブル電源はしっかり電気用品安全法に基づくPSE検査に合格しているのみならず、防災安全協会が安全性や機能性などを認めている商品なんです。

キャリライク『ポータブル電源540wh』の実機レビュー出典:楽天

この認証は大手ポータブル電源メーカーのJackeryなども取得しているものです。

2年保証・日本国内でのサポート

キャリライクのポータブル電源は元々1年保証だったようですが、2年保証になりました。

J社・E社・P社・B社など有名ポータブル電源メーカーが2年保証を採用しているので、それに合わせたものと見られます。

ポータブル電源は決して安くない買い物なので、保証期間は長い方が安心です。

また、企画・運営・サポートは日本国内で行っているので、分からない事があった時にも気軽に問い合わせる事ができます。

転売品は購入しない方が良い

良心的な価格でじわじわ人気がでてきているキャリライクのポータブル電源。

実はこれも転売されてます・・・。

ですが、転売品は絶対購入しない方がいいです。

キャリライク『ポータブル電源540wh』の実機レビュー取扱説明書にある保証対象外の欄に『オークションやフリマアプリなど個人間の売買や譲渡によって入手された商品』とあります。

キャリライクは基本的に楽天などネット通販での販売なので、注文者情報と照合する事ができます。

転売品を購入したとみなされた場合、故障しても本来のサポートが受けられない可能性があるので絶対にやめてください。

キャリライク『ポータブル電源540Wh』を使ってみて感じる2つのデメリット

今のところ感じているデメリットは2つだけです。

持ち手が頼りない

キャリライク『ポータブル電源540wh』の実機レビュー持ち手アップ

持ち手の部分が少し頼りなく感じました。

もちろん今のところ持ち運んでもなにも問題ないのですが、念のためなるべく下から抱えるように持っています。

持ち手が外れて落としてしまったら大変なので、念のためです。

ロゴがダサ可愛い

冒頭にも触れたキャリライクのロゴ!

キャリライク『ポータブル電源540wh』のロゴ正面中央にドーン!とあって正直ちょっとダサい、けど可愛いです。

これは購入する前から分かっていたことなので別にいいのですが。

気になる方はステッカーなど貼って、ロゴを隠しちゃうのもアリかもしれません。

キャリライク『ポータブル電源540Wh』で電気毛布を使ってみた

キャリライク『ポータブル電源540wh』の実機レビュー

我が家が冬キャンプで使う、188cm×130cmと大きめの電気掛け敷き毛布(80Wh)。

気分によって、下に敷いたり上に掛けたりできる優れモノ。

単体では6時間、スマホ充電をしながらだと5時間使えます。

6時間は少し短く、朝方には切れてしまうという事です。

でも無いより全然いいですし、何より寝つきが違います。

ソロ用のもう少し幅が狭いタイプだと50W以下の物もあるので、それだと朝までもちますね。

それにしてもどうして電気毛布っておじいちゃんみたいな柄ばかりなのか・・・。

お洒落な柄の電気毛布がお安く存在したら爆売れすると思うのですが笑

YouTubeでの紹介動画

キャリライク『ポータブル電源540Wh』のレビュー動画はこちらです。

ブログでの評判・口コミレビュー

キャリライク『ポータブル電源540Wh』について書かれているブログ記事を集めました。

実際に使っているキャンパーさん、アウトドアマニアの方が感じた事が率直に述べられています。なるべく使用感が伝わりやすいブログ記事をピックアップさせて頂いております。

SNSでの評判

キャリライク『ポータブル電源540Wh』について掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページをご案内します。

Twitter | ”ポータブル電源 キャリライク”で検索
Instagram | #キャリライク

まとめ

いかがでしたか?正直、有名メーカーではないので、購入に当たって不安な点もありましたが勇気を出して良かったと大満足の一台となりました。上のインスタの投稿を見て頂くと分かるかと思いますが、コスパの良さからじわじわ認知度が高まっています。外遊びの相棒に、災害への備えに一台あると心強いですよ、おすすめです!

紹介したアイテム

ポータブル電源540wh

専用収納バッグ

キャリライク ポータブル電源用 収納バッグ 2way ブラック キャンプ ギア ボックス

Sugiyama『電気掛け敷き毛布188×130cm』

Jackery『ポータブル電源400』のブログと口コミレビュー
【備えに・遊びに】Jackery『ポータブル電源400』のブログと口コミレビューこの記事ではJackery『ポータブル電源400』の情報を分かりやすくまとめています。 ポータブル電源はキャンプなどのアウトドアや...
EcoFlow『RIVER Max』のブログと口コミレビュー
【1.6時間でフル充電】EcoFlow『RIVERMax』のブログと口コミレビューを紹介!この記事ではEcoFlow『RIVER Max』の情報を分かりやすくまとめています。 ポータブル電源リバーマックスは576Whのポ...
ABOUT ME
キャンプギアセレクト
超絶アクティブな3歳娘と夫婦でファミリーキャンプをしてます。高い=高品質、安い=低品質とは限らないキャンプギア。ブログ、SNS、動画、口コミ紹介を交えながら、ご自身に合った逸品を見つけ出すお手伝いが出来れば幸いです。レビュー依頼やご質問はお気軽にお問い合わせフォームまでどうぞ。