ファミリー

【一生使える焚火台】スノーピーク『焚火台L』のブログと口コミレビュー

この記事ではスノーピーク『焚火台L』の情報を分かりやすくまとめています。

王道キャンプギアブランドのスノーピークがだず一生使えると話題の焚き火台です。ソロ~ファミリー向けにS、M、Lサイズからサイズが選べます。

スターターセットでは、本体のほかにベースプレート、炭床、収納ケースが付属しています。

実際にスノーピーク『焚火台M』のスペック、ブログ、口コミ情報を確認してみましょう!

スノーピーク『焚火台L』とは

出典:楽天

スノーピーク『焚火台L』はBBQや焚き火などキャンプやアウトドアライフで実現したいことを楽しめます。

サイズは大き目でファミリーキャンプでも充分活用できます。

スノーピーク『焚火台L』の特徴は大きく分けて3つ。

  1. とにかく丈夫で一生使えるという評判
  2. オプションが多彩で使い方無限大
  3. 折り畳み簡単で収納ケースも快適

出典:楽天

出典:楽天

1.5mmのステンレス板材でとにかく丈夫。溶接もしっかりされており焚き火の熱でもゆるむことはありません。

一生使えると評判もわかります。

出典:公式サイト

多彩なオプションにより使い方は無限大です。作りたい料理によってカスタムしていくのも楽しいです。

出典:公式サイト

コンパクトに折り畳み可能で持ち運び快適です。

スノーピーク『焚火台L』のサイズ・スペック徹底比較

スノーピーク『焚火台L』の主な仕様は以下の通りです。

サイズ違いの焚火台S、焚火台Mと比較しています。

スノーピーク『焚火台L』スノーピーク『焚火台M』スノーピーク『焚火台S』
重量5.5 kg3.5kg1.8kg
全体サイズ(mm)455×455350×350285×285
高さ(mm)315248205
収納サイズ(mm)560×640×32450×515×32350×410×25
本体素材ステンレスステンレスステンレス
ケース素材ナイロンナイロンナイロン
付属品収納ケース収納ケース収納ケース

出典:公式サイト

それぞれの焚き火台を並べたときのサイズ比較です。

出典:公式サイト

スターターセットでは、本体のほかにベースプレート、炭床、オプションも入れられるコンプリート収納ケースが付属しています。

サイズ違いの記事はこちら

【王道のソロ焚火台】スノーピーク『焚火台S』のブログと口コミ評判レビューこの記事ではスノーピーク『焚火台S』の情報を分かりやすくまとめています。 王道キャンプギアブランドのスノーピークがだず一生使えると...
【定番焚火台】スノーピーク『焚火台M』のブログと口コミレビューこの記事ではスノーピーク『焚火台M』の情報を分かりやすくまとめています。 王道キャンプギアブランドのスノーピーク、一生使えると話題...

YouTubeでの設営動画

スノーピーク『焚火台L』の紹介動画です。

ブログでの評判・口コミレビュー

スノーピーク『焚火台L』について書かれているブログ記事です。

SNSでの評判

スノーピーク『焚火台L』について掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページをご案内します。

Twitter | ”スノーピーク焚火台M”で検索
Instagram |“#焚火台M”で検索

スターターセットでは、本体のほかにベースプレート、炭床、オプションも入れられるコンプリート収納ケースが付属しています。

サイズ違いの記事はこちら

【王道のソロ焚火台】スノーピーク『焚火台S』のブログと口コミ評判レビューこの記事ではスノーピーク『焚火台S』の情報を分かりやすくまとめています。 王道キャンプギアブランドのスノーピークがだず一生使えると...
【定番焚火台】スノーピーク『焚火台M』のブログと口コミレビューこの記事ではスノーピーク『焚火台M』の情報を分かりやすくまとめています。 王道キャンプギアブランドのスノーピーク、一生使えると話題...

テント近くで焚き火をする方は、テントの生地についても気を付けましょう。

風が強い日にテントが火の粉が散ってテントが炎上するという痛ましい事故が起きているので、風が強い日には焚き火はしない事も大切です。

テント・タープ生地の選び方おすすめは?
テント・タープ生地はどれがおすすめ?用途別に紹介!テント・タープを選ぶときに、その生地が丈夫かどうか気になりますよね。 ポリエステルやコットン、ポリコットンなど様々な種類があります...