シングルバーナー

【CB缶用シングルバーナー】キャンプ・登山用シングルバーナー比較

キャンプ・登山用CB缶用シングルバーナーの選び方

キャンプや登山などのアウトドアで使う調理器具として人気のシングルバーナー。

使う缶の種類や一体型か分離型か、など様々な種類がありますが、今回はコンビニやスーパーなどでも手に入りやすいCB缶(カセットボンベ)を使うシングルバーナーを紹介します。

紹介するバーナーごとに個々の記事へのリンクが貼ってあります。

レビューブログやYoutubeでの紹介動画、TwitterやInstagramでの投稿を見る事も出来るので参考にしていただければと思います。

CB缶とは?

シングルバーナーの選び方

CB缶(カセットボンベ)はLPガスの一種で、液体化したガスをカートリッジに充填した状態で販売されています。一般的な家庭用カセットコンロに使うガス缶なので馴染み深いのではないでしょうか。

そんなCB缶のメリット・デメリットは以下の通りです。

  • 扱いやすく便利
  • 1本100円台で購入できて経済的
  • 外気温が低いと火力が低下してしまう

シングルバーナーにはCB缶の他にもOD缶やホワイトガソリンなどの燃料に対応したタイプがありますが、CB缶が一番経済的で扱いやすいです。

登山で荷物をコンパクトにしたい、寒冷地で使いたいという方にはOD缶の方が向いていますが、キャンプや低山ハイクなどであればCB缶用シングルバーナーでも充分に使えます。

また、あまり知られていませんがCB缶にはミニタイプも存在します。登山用に荷物を出来るだけコンパクトにしたい時はこちらもおすすめです。

CB缶用シングルバーナーの選び方

キャンプで使用する場合と、登山で使用する場合かによって、求められる条件が少し違うと思うので、分けて解説したいと思います。

キャンプの場合

キャンプでCB缶用シングルバーナーの使用を検討する方が重視すべき点はこの3点。

使用する人数にあっているか

使用する人数が1人の場合、基本的にどのようなCB缶用シングルバーナーでも問題ないです。1人で荷物を運搬する事を考慮すると、できるだけ軽量かつコンパクトなものを選びたいところです。

人数が2人以上の場合、使用する調理器具が自ずと大きくなります。ですから①ゴトク径が大きいもの、②ゴトクが4本で安定しているor分離型で低重心タイプを選ぶことをおすすめします。

輻射熱対策出来ているか

ガス缶が過度に熱される輻射熱の対策についても考える必要があります。キャンプではご飯を炊いたり、長時間連続で使用する可能性があるからです。SOTO『シングルバーナー ST-301』の様に遮熱板がついているバーナーもありますが、ついていない商品もあります。

ただし、イワタニ『ジュニアコンパクトバーナー』の様に人気製品は互換性のある後付け遮熱板が販売されているので、必要に応じて装着しましょう。

防風性があるか

SOTO『レギュレーターストーブ ST-310』のブログと口コミレビュー出典:楽天

バーナーヘッドやゴトクの形状によって防風性能に違いがあります。例えば写真のバーナーヘッドはSOTOの人気モデルST-310です。バーナーヘッドは山型、周囲に囲いとなるものが全くないので横から風が吹くともろに影響を受け、火が立ち消える可能性もあります。

こういったストーブを使う場合はウインドスクリーン(風防)が別途必要になります。

SOTO『G-ストーブ ST-320』のブログと口コミレビュー出典:楽天

一方、同じくSOTOのGストーブの場合、火口部分を3方向から囲っています。空いている1方向を風下に置くまたは自分がいるようにすれば風の影響はかなり抑えられます。

野外で使う以上、風の影響は避けられませんが快適に使うためにも防風性能は見るべきポイントです。

登山の場合

登山でCB缶用シングルバーナーの使用を検討する方が重視すべき点は、キャンプ用に上記で紹介した項目と併せて以下の2点も考慮に入れたいところです。

出来るだけ軽量なタイプ

FORE WINDS『マイクロキャンプストーブ』のブログ・口コミレビュー
出典:楽天

山道具はなるべく軽く・コンパクトにしたいですよね。基本的にCB缶用のシングルバーナーはOD缶用と比較して重くなりがちです。

CB缶用でも100g台の軽量タイプもあるので、OD缶用と比較検討してみるといいかもしれません。

不整地でも安定して置ける

小型テーブルを持っていく方はいいのですが、持っていかない場合はある程度不整地でも安定して置けるかどうかを考慮にいれましょう。

おすすめCB缶用シングルバーナー

これから紹介するCB缶用シングルバーナーにはそれぞれ違った特徴・良さがあります。あなたにぴったりのシングルバーナーが見つかりますように。

【オールマイティ】イワタニ『ジュニアコンパクトバーナー』

  1. 風の影響を受けにくいゴトクの形状
  2. ゴトクが大きめなので18cm鍋まで対応
  3. 遮熱版は無し
  4. しっかりしたハードケース付き 

ソロ・複数人・キャンプ・登山・・・。どのシーンでも使いやすくオールマイティなシングルバーナーです。

ただし、ダッチオーブンは乗せられないのでご注意ください。

イワタニ『ジュニアコンパクトストーブ』のブログ・口コミレビュー
イワタニ『ジュニアコンパクトバーナー』のブログと口コミレビューこの記事ではイワタニ『ジュニアコンパクトバーナー』の情報を分かりやすくまとめています。 カセットコンロで有名な岩谷産業(イワタニ)...

【画期的デザイン】SOTO『G-ストーブ ST-320』

  1. 風の影響を受けにくい形状
  2. 畳むと厚さ25mmとコンパクトかつ丈夫なケース付き
  3. 380gと少し重め

画期的なデザインが目を惹く超薄型のシングルバーナー。

重量は重めですが、高い防風性があります。風防を持っていく必要が無いと考えるとコンパクトでいいですね。

SOTO『G-ストーブ ST-320』のブログと口コミレビュー
【超薄型】SOTO『G-ストーブ ST-320』のブログと口コミレビューこの記事ではSOTO『G-ストーブ ST-320』の情報を分かりやすくまとめています。 Gストーブはシングルバーナーとしては珍しい...

【ファミリー・グループ・登山向け】SOTO『レギュレーターストーブ FUSION ST-330』

  1. 分離型で輻射熱のリスク小
  2. マイクロレギュレーター搭載で寒さに強い
  3. 高い防風性能
  4. 大鍋も使用可能

ダッチオーブンなど大鍋を乗せられる程の安定感があるので、複数人の調理をしたい方におすすめです。

また、マイクロレギュレーターが搭載されているので寒さに強いのも特徴です。

SOTO『レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン)ST-330』のブログと口コミレビュー
【大鍋OKの安定感】SOTO『レギュレーターストーブ FUSION ST-330』のブログと口コミレビューこの記事ではSOTO『レギュレーターストーブ FUSION ST-330』の情報を分かりやすくまとめています。 コンビニなどでも手...

【キャンプのメインストーブに】SOTO『シングルバーナーST-301』

  1. 分離型で輻射熱のリスク小
  2. 大鍋も使用可能
  3. マイクロレギュレーターは非搭載

分離型で重心が低いので、大きな鍋でも安定して置くことができます。690gと重量があるので、登山というよりはキャンプでメインストーブとして十分使えます。

SOTO『シングルバーナーST-301』のブログと口コミレビュー
【大鍋OK】SOTO『シングルバーナー ST-301』のブログと口コミレビューこの記事ではSOTO『シングルバーナー ST-301』の情報を分かりやすくまとめています。 コンビニなどでも手に入りやすいCB缶用...

【人気】SOTO『レギュレーターストーブ ST-310』

  1. マイクロレギュレーター搭載
  2. 遮熱版付き
  3. オプションでさらに快適に
  4. 風には弱い

マイクロレギュレーター搭載で寒さに強い一方、風には弱いので風防の用意をお忘れなく。

本体だけでは利便性が悪いのでオプションパーツの使用をおすすめします。

SOTO『レギュレーターストーブ ST-310』のブログと口コミレビュー
【定番】SOTO『レギュレーターストーブ ST-310』のブログと口コミレビューこの記事ではSOTO『レギュレーターストーブ ST-310』の情報を分かりやすくまとめています。 コンビニなどでも手に入りやすいC...

【ソロ・登山・サブストーブ向き】FORE WINDS(イワタニ)『マイクロキャンプストーブ』

  1. とにかくコンパクトで186gと軽量
  2. CB缶用としては最軽量モデル
  3. 大きな鍋は載せられない(遮熱板なし)
  4. しっかりしたEVAケース付き

CB缶で使えるシングルバーナーとしては最軽量クラスです。日帰り登山やハイキングであれば十分な使えるスペックです。

ファミリー・グループのキャンプでは、コーヒー用のお湯を沸かしたい時などのサブストーブとして重宝しそうですね。

FORE WINDS『マイクロキャンプストーブ』のブログ・口コミレビュー
FORE WINDS(イワタニ)『マイクロキャンプストーブ』のブログと口コミレビューこの記事ではFORE WINDS『マイクロキャンプストーブ』の情報を分かりやすくまとめています。 FORE WINDSは1995年...

まとめ

CB缶用のシングルバーナーを比較してみると、結構個性豊かです。

シングルバーナーをデザインで選ぶ方もいらっしゃいますが、機能がそれぞれ違うので自分に合っているかじっくり検討して長く愛せる逸品に出会えるといいですね。